「一文無しになるぞ」と脅された少年

15歳からジャグリングを始め、高校の進学担当教師からは「そのうち一文無しになるぞ」と言われ、それでもプロのジャグラーになろうとした一人の若者がいました。男の名はバリー・フリードマン。23歳の時には当時の人気トーク番組、「ザ・トゥナイト・ショー」にゲスト出演を果たしたりなど高校教師の期待を大きく裏切り、ジャグラーとして大成功を納めました。しかし、そんな順風満帆な生活も長くは続かず、ある日マウンテンバ ... 続きを読む